豊中市N様邸 作業報告

ホーム > ブログ > スタッフブログ > 豊中市N様邸 作業報告

豊中市若竹町のN様邸の塗替え作業のご紹介です。作業も大詰めです。

外壁塗り替え作業

下塗りはサーモテックメタルプライマーを使用しました。サーモテックメタルプライマーは溶剤系の下塗り材です。サーモテックメタルプライマーには、遮熱機能、金属塗装、プライマーの3つの機能がある塗料です。

中塗りは、アステックペイントのEC-5000PCMピュアアクリル樹脂を使用。EC5000PCMはいわゆる伸びる塗料で長期的に建物を水から守ることができます。

上塗も丁寧にEC5000PCMを使用させていただきました。

屋根中塗り作業

タスペーサー挿入作業は、スレート屋根を塗る時にする作業です。

屋根は雨漏りから建物を守るために重要なパーツなので、雨が入らないように隙間が無い方が良さそうに思えますが、実際は瓦屋根のように隙間が開いていて、スレートの屋根も1枚1枚載せてあるだけで、その隙間は塞いだりしていません。その隙間がなければ逆に雨漏りの原因になります。スレート屋根に塗装すると、塗料がスレート屋根の重ね目の隙間を埋めてしまう可能性がある時に、強制的に隙間を開けておくために使うクサビ状の詰め物がタスペーサと言います。