箕面市I様邸工事

ホーム > ブログ > スタッフブログ > 箕面市I様邸工事

箕面市の現場のご紹介です。

外壁塗装は、経年劣化によりほこり・コケ・チョーキングの粉・カビといったゴミが付着したり、塗料を覆う塗膜の密着力が弱くなったりします。そのような状態のまま塗装を施すということは、ゴミを挟んだままあえて密着しにくい外壁に塗料を塗るようなもので、早期の剥がれにつながりかねません。

外壁や屋根に付着した、ほこり・コケ・チョーキングの粉・カビなどを綺麗にするため、専用の洗浄機に水を入れて噴射して汚れを落とす作業です。正しくは、洗い流すというより外壁や屋根の表面を薄く削ぎ取るイメージです。

高圧でしっかり落とさないと、どんなに良い塗料を使っても半年~1年で剥がれてしまうことになり注意が必要です。なぜそうなるかと言いますと、塗料とほこりなどが付着してしまい、しっかりと外壁面に塗料が付着しないために起こる現象です。高圧洗浄でも全てのほこりなどを落とすのはできませんが、下塗りが外壁や屋根自体に浸透するくらいになれば問題ありません。

屋根高圧洗浄作業

外壁高圧洗浄作業

樋 塗替え作業

シャッターBOX塗替え作業

シール交換作業

シーリングの打替

①シーリング材の除去

②古いシーリング材をキレイに除去。壁に密着しているシーリング材もカッターでキレイにはがします。

③養生テープを丁寧に貼ります。

④旧シーリングがとれたら、シーリング材が余計な場所につかないようにサイディングボード部分をテープでしっかり保護します。

⑤下塗り剤を塗る(シーリング材を塗る前に下塗り剤の接着プライマーを塗りますシーリング材がしっかり密着するようにします。)

⑥シーリング材の充てん(コーキングガンを使用してシーリング材を充てんします)

⑦へらおさえ(充てんしたあと、空気が入らないようにヘラでしっかり密着させます。)

⑧養生テープをはがして乾燥させます。