川西市Y様邸 作業報告

ホーム > ブログ > スタッフブログ > 川西市Y様邸 作業報告

川西市Y様邸 作業報告です。

川西市Y様様邸 外壁洗浄、補修作業

外壁塗装を行う時に、下地処理という工程があります。外壁のモルタルなどにひび割れが出た場合に、外壁のクラック(ひび割れ)や塗料の剥がれ、下地の調整などを行う工程です。
小さなクラックなら、シーリング処理で十分なのですが、大きなクラックの処理は、シーリング材だけでは不十分です。ひび割れの状態によってはすぐに補修材を充填することもありますが、大きなクラックの場合には専用の機器によって、V字型に溝を掘ります。これによってシーリング材が充填しやすくなるほか、補修材が接着する面積が広くなることにより、充填材の定着がより確実になります。

外壁塗り替え作業

 下塗り材:ホワイトフィラーAで塗装しました。

  弾性系塗料の塗り替えの他、各種既存塗膜の下地調整に適しており、下地の軽微なひび割れなどへの目つぶし効果に優れた微弾性フィラーです

 外壁中塗り上塗り材:超候耐久遮熱防水塗料 EC-5000PCM-IR(塗装色:アプリコット)を塗装しました。

  ピュアアクリル樹脂を使用。EC-5000PCMの優れた防水性・耐候性に加え、遮熱効果を持ち、アステックペイントの中でも最高ランクの機能性を持った塗料です。今回はアプリコットの色で塗り替えさせていただきました。

木部塗装作業