伊丹市口酒井 S様邸作業報告です。

ホーム > ブログ > 伊丹市口酒井 S様邸作業報告です。

伊丹市口酒井の新たな現場が始まりました。外壁屋根の塗替え作業です。

伊丹市口酒井S様邸 外壁高圧洗浄作業

伊丹市口酒井S様邸 屋根・鉄部錆止め作業

上塗りをする前に錆止めを鉄部に塗ります。

タスペーサーによる縁切りは屋根と屋根の間に隙間を作る作業です。

雨漏りを防ぐのになぜ隙間を空けるのでしょうか?

1)雨漏りを防ぐ

雨水は・強風時・大雨など想定外の雨が降ったときには構造上屋根材の下にも入り込みます。
入った雨水をどうやって排出するごとが重要です。

縁切りが必要な薄型化粧スレートの屋根材は表面に溝があり、この溝は屋根材の下に雨水が侵入した際に排出します。溝を塗料でふさいでしまうことがあり、そうすると雨水の逃げ場がなくなるので屋根下地の腐食、ひいては雨漏りに繋がってしまいます。

2)内部結露を防ぐため

結露は物質の内側と外側の気温差が生じた際に発生します。

建物内の暖かい空気は上昇する性質があり、天井を通して屋根裏まで上昇します。一方屋根の外側は外気と接しているので日中は熱さに、それ以外の時間は寒さにさらされます。

屋根の内側が温まり、屋根外側が冷える…これにより結露が発生します。

縁切りで屋根に隙間を作らないと屋根裏で内部結露した水分がたまってしまい、中の断熱材や木材を腐らせてしまうのです。

そのため結露を防ぐため隙間を作ります。